スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月15日(木曜日)

2005.09.16.Fri.12:23
今日は年下の女友達とパイを食べにいった。

仲良しの女友達である・・・が・・・いつも揉めることがあ〜る。

それは・・・どっちが払うかであ〜る。

最近は見なくなったけど、よくレジの前で伝票を奪い合ってるオバサン
達がいたじゃない?
”今日はあたしが!”
”いえいえ。今日はあたしが。” つて。

まさかまさかの
まさしく
あのパターン。
ああんなオバサンに自分はならないと思っていたけど

なっちゃっうんだよね、彼女と一緒だと。
それも激しいやつ。
かなり激しいやつ。

前回の時は
かなりかなり激しくて
彼女もあたしもレジの女の子も、その場にいたお客さんも大爆笑だった。

今日
その子とパイの店に一瞬入った時、イヤな予感がして後退した。で、店
の外でどっちが払うか先に決めた。

5、6分もめた後、あたしが払うことになり
再度店に入場し
二人で仲良くパイを食べた。美味しかった。
あたしが見つけた店で
何を食べても美味しい。
友達も”美味しい”を連呼。よかった。

ゆっくり伝票をとり
レジへいく。

いいかんじいいい。

やっぱり
こうでなくっちやね。

お会計は
¥3040ー

しかし
がああああああああああああああんんんん。
お財布に
¥2030ーしか入ってないいいいいいいいいいいいいいいいいい。

ひえええええ。

せっかく順調に事が運んでいたのにいいい。

残念無念イッパイで
”ねえええ。お財布にお金入ってなかったの。¥1010ー足りないい
いい。” っていうと
友達は嬉しそうに大きく笑って
”あああ良かった。あたし出すわ” 
”ううん。あたしがだすから、¥1010−だけ、今、出しといて!”
”ううん。いいから私だすわ。”
”ううん。¥1010ーだけだしてよ”
”いいわよ。あたしが全部だすわよ。”
”それじゃあ話がちがうでしょっ!¥1010−あればいいの”
”でも1万円札しかないのよ。今日は私が”
”なんでよ。おかしいじゃない。”
”いいから。あたしが。
”よくないわよ。なんでこうなるのよおおお。”
”いいから。”
”やだ。¥1000ーだけでいいんだってばあああ。”
”だから一万円しかないの。”
”あ。違った。¥1010ー。”
”だから今日は、私が”
”なんで?千円札ないの?”
”ないわ。”
”ほんとはあるんでしょ?”
”ないわよ。”
”あるわよ。”
”ないわよ”
”あるわよ”
”なんでかってに決めるのよ。一万円札しかないんだってばあ。”
”わかったから、じゃあ¥2030ーもらってね。”
”いいわよ。あたし全部だすから。”
”だから全部出さなくていいの。¥2030−とってよ。¥1010ー
たりなかっただけなんだから。”
”いいわよ。今日はあたしが・・・
”いいえ。あたしが・・・

今日も又激しく揉めてしまいました。
しかもサムエ姿でええええ。

強引に友達に全所持金¥2030を渡して、先に店をでた。

友達はシッカリ¥2030を手に握って”これかえす。”と店からでて
きた。

”なんでよ。とっといてよ”
と叫んだ。

友達の目はあたしのBAGを狙ってる。近づいたら¥2030を
BAGに入れられちゃう。
最近は見なくなったけど
そいうオバサン達もいたよねえええ。

お金を無理矢理渡されてしまい
BAGをめがけてお金を返そうとするオバサン。
その行為から逃げようとするオバサン。

まさかまさか
そんなオバサンになるわっけないと想っていたら・・・なっちゃうんだ
よねえええ。
あの友達と一緒だと。

サムエ着て逃げる私と¥2030握って追いかけて来る友達。
いい加減諦めたのはあたし。
だって話もでけないんですもん。

走るのやめた私のBAGに友達は
¥2030入れて
満足そうに笑ってたあああ。

20050916-2030.jpg
コメント
いいなぁ。
それ見たかったなぁ。
直接見てたら間違いなく
うちの日記に書くのになぁ。
そんなに揉めるものなの?
ワリカンにすればいいだけなんじゃ…。
オトナの事情ってやつですか…。
妹とよくこんな風になります。互いを思うあまり、ついそうなってしまうのです。バッグにチャリーンッと入れられたり財布の口を押さえたり。先日はおごって貰っちゃいました。(笑)

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。